わたしの大好きなミスチルを紹介します

ファン歴10年超のミスチルファンがミスチルの曲や音楽業界についてレビュー、考察するブログです

「HANABIが1番好き」の何が悪いのか

コード・ブルー、大ヒットしているようですね!

news.nifty.com

HANABIも幅広い年代に受け入れられているようで、

8月31日のミュージックステーションでは、「10代の好きなミスチルソング」としてHANABIが1位を獲得していました。

10代にもミスチルが浸透しているということ自体は非常に喜ばしいことですし、

番組を観ながら楽しんでいたミスチルファンも多かったと思います。

一方で、「なぜHANABIが1位?」という声もありました。

「HANABI=ライトファン」のイメージ

HANABIはミスチルのシングルの中でも比較的新しい曲であり、

近年のミスチルでは1番のヒット曲です。

そのため、全盛期を好んで聴いている層からすると、

「他にも良い曲があるのに」「HANABI以外知らないのでは?」

という発想になるのではないでしょうか。

HANABIが悪いというわけではなく、

もっとミスチルの魅力を知ってほしいという気持ちの表れかもしれません。

 

しかし、実際のところ全盛期の頃が1番好きなミスチルファンも、

HANABIが好きな層と何ら変わりはないのではないかと思うのです。

全盛期の「名もなき詩」「終わりなき旅」「Tomorrow never knows」と、

最近の「HANABI」

どちらもその時代に流行った曲が好きという意味で同じなのですから。

 

HANABIが好きな層がミーハーであるというのなら、

「名もなき詩」や「Tomorrow never knows」が好きな層もミーハーです。

そして、別にミーハーでも良いと思うのです。

そのような大衆的な曲があったからこそ、

ミスチルを好きになったのではないでしょうか。

最初から深海を好む者はいない

ミスチルはタイアップが多いので、

ドラマ、映画、CMなどで耳にして好きになるというパターンが多い。

いきなり「深海が好きでミスチルファンになりました」とはならないわけです。

 

有名な、ミーハーな曲から入って、

色んなアルバムを聴いてマニアックな曲が好きになる。

ミスチルファンになる入り口が「名もなき詩」であったり、

「終わりなき旅」であったり、「Tomorrow never knows」であったり、

「HANABI」であったりするんですね。

 

わたしはHANABIが10代のミスチルファンの入口になれば良いなぁと思うのです。

この曲をきっかけに色んなミスチルの曲を聴いてもらえると嬉しいです。

今なら人気ナンバーワンはHANABI

そもそもランキングってそのとき流行っている曲がランクインするものだと思うので、

近年人気の高いHANABIが1位なのも納得ですけどね。

わたしがランキングを考えるとするなら、マイナー曲が多くなると思いますが(笑)

マイナー曲に関心があれば、是非、当ブログを読んで頂けますと幸いです。