わたしの大好きなミスチルを紹介します

ファン歴10年超のミスチルファンがミスチルの曲や音楽業界についてレビュー、考察するブログです

最強のB級実写化「銀魂」は何故成功したのか

昨日「銀魂2-掟は破るためにこそある-」を観てきました。

漫画・アニメの実写化というとどうも苦戦を強いられているイメージが強いのですが、

銀魂はというとそんな逆風を吹き飛ばす絶好調ぶり。

 

前作は2017年度実写邦画No.1ヒットを記録しましたし、

今作もその記録を塗り替える勢いで大ヒット中なんです。

 

なぜここまで銀魂の実写化は大成功したのか、

今回はそのポイントと見所を紹介していきたいと思います。

実写化「銀魂」の成功ポイント

①忠実に原作に寄せた作品

原作ファンというのは原作の内容が好きでそれを見たくて映画館に行っていますよね。

にも関わらず原作とは程遠く離れたものを見せられるのが「実写化」なんです。

映画独自のオリジナル成分を多分に含み、

もはや別の作品なのではないかと思える代物が仕上がっている。

 

ただ原作をなぞるというのは作り手側からすればつまらないだろうし、

映画ならではの良さを盛り込んで新たな作品を生み出したい気持ちはわかります。

でも見る側は求めてないんですよね。

作り手と見る側の隔たりというのが「実写化」失敗の大きな原因では無いでしょうか。

 

対して「銀魂」は、とにかく原作へのリスペクトが凄い。

出演者で銀魂ファンがいるというのも影響しているのかもしれませんが、

全員が(といっても言い過ぎでは無いくらい)原作のイメージをとても大切にしている。

限りなく近い良いものを作ろうという気持ちが伝わってくるから、

ファンも「実写化銀魂」を認めたのだと思います。

 

多少の変更はあっても大事な部分は変えないという加減も絶妙です。

原作ファンの「ここの変更は許せるけど、ここの変更は許せない」

という気持ちを汲んだ作りになっているのではないでしょうか。

②空知先生のコメント

空知先生のコメントは上手いなと思うことが多いのですが、

今回の実写化に対する立ち回りも見事でしたね。

まず「失敗すること」を大前提としていましたし、

「実写化なんてコスプレ大会」と言い切ってしまったのも良かった。

 

そもそも実写化は人気作品を映像化しているという背景があるので、

メディアでも「あの人気作品が!」と煽ってきますし、

自ずとハードルが上がってしまいがちです。

ですが、銀魂の場合は作者がハードルをどんどん下げてくれるので、

過度な期待をせずに気軽に見ることが出来ます。

 

しかも「一緒に楽しんでくれると嬉しい」という謙虚なスタンスでいるので、

尚更ファンは「空知先生もそう言うのだから実写化銀魂を応援しよう」という気持ちになりますよね。

③銀魂の世界観を引き継ぐ人気アーティスト

アニメ銀魂は作品を彩るアーティストたちも魅力的です。

「紅桜編」や「動乱編」など、楽曲に合わせた世界観の曲を提供してくれています。

実写化になってもそれは変わっていません。

前作のUVERworld、そして今作のback numberはその意思をしっかりと引き継いでくれたように感じます。

 

ロックなカッコよさと切なさ。

とても銀魂らしい楽曲でした。

 

特にbacknumberの「大不正解」

僕らは完全無欠じゃ無い

原型を愛せる訳でも無い

銀魂の不器用な男達を象徴しているような歌詞です。

 

back numberというとバラードのイメージも強いですが、

動乱編の戦闘シーンに映える熱くて激しい楽曲を提供してくれて有難いですね。

実写化「銀魂」の見所

 ①万事屋の仲の良さとチームワーク

とにかく小栗さん、菅田さん、橋本さんの仲が良く、

まるで本物の万事屋のような関係性。

小栗さんは2人のことを妹弟のように思っているし、

2人も小栗家の長男長女だと思っているとのこと。

今作の将軍編はそのチームワークが見事に反映されていて、

銀さんのゆるさも新八のツッコミも神楽ちゃんのボケも原作通りに面白い。

大爆笑間違いなしの傑作です。

②真選組それぞれの魅力

動乱編で大活躍する真選組。

器が大きく人情に厚い、皆から愛される近藤勲。

トッシーとの二面性に苦しみながら伊藤鴨太郎との闘いを制する土方十四郎。

近藤を助けるために1人で立ち向かう剣士沖田総悟。

それぞれの魅力が詰まった今作であったと思います。

 

吉沢さんの沖田は漫画から飛び出てきたようにシンクロしていますが、

柳楽さんの土方は柳楽さんの味を残しながら土方を再現しているので、

その対比がまた面白いですね。

どちらもとてもカッコ良いです。

③伊藤鴨太郎と河上万斉、悪役の怪演

初登場の伊藤鴨太郎、河上万斉は細部まで凝っていて、

名シーンもしっかりと再現されていました。

伊藤鴨太郎に関しては複雑で難しい役柄だったと思いますが、

真選組とのやり取りはとても自然で、最後も感動的でした。

回想シーンで出てくる近藤とお酒を酌み交わして楽しそうにはしゃいでいるのがまた泣けますね。

 

万斉に関しては銀時との弦を用いた格闘シーンがダイナミックで素晴らしかった。

あとは山崎との絡みですね。

個人的に山崎ファンなので、あの真選組への忠誠心を感じるセリフと、

万斉の最後の決断。そこに尽きます。

これは是非劇場で観て頂きたいですね。山崎の葬式も!

期待を裏切らない実写化銀魂

 銀魂1をよりパワーアップさせた銀魂2。

この勢いだと第3弾もまた制作されるでしょうね。

次回はどの長編と短編が盛り込まれるのか、続報を待ちたいですね。