わたしの大好きなミスチルを紹介します

ファン歴10年超のミスチルファンがミスチルの曲や音楽業界についてレビュー、考察するブログです

ツイッターのDMを利用したライブ勧誘はかっこ悪いのか

最近、ちょっと気になっているニュースがあります。

ツイッターのDMを利用したライブ勧誘についてバンドマンが苦言を呈したというもの。

news.nifty.com

賛否両論、様々な意見があるようですが、

なぜこのような問題に発展してしまったのでしょうか。

ツイッターのDMとは何か

DMについてご存じない方もいるかと思うのでご参考までに。

DMとは「ダイレクトメッセージ」の略で、

フォローしているアカウントに対して個別にメッセージを送るシステムのことです。

 

通常の場合、ツイッターの呟き(ツイート)や返信(リプライ)は公開に制限をかけない限り誰でも見れるようになっています。

でも、みんなに公開したくない会話もありますよね。

そういう場合にDMを利用すれば、他の人の目に触れることがなくやり取りを行うことが出来るというわけです。

DMを利用して勧誘を行うメリット

DMを利用するメリットは、直接個人と売買契約を行えるということです。

大勢に向かって「チケット買ってください」と呼びかけても、

どのくらいの人が買ってくれるかは当日になるまでわかりませんよね。

でも、個別に連絡を取れば確実に1枠押さえることが出来ます。

 

人目に触れず交渉を行えるので、

チケット集めに必死になっている姿を露呈せずに済むということもメリットといえるでしょう。

 

ファンとしてもアーティストと直接連絡を取り合えるというのは魅力的ですね。

ファン心理を考えれば個別交渉を行った方がOKする確率は上がるといえます。

DMでライブ勧誘を行うことはかっこ悪いのか

 GLOWSのKyosukeさんの言う通り、

バンドであれば音と歌で勝負をするべきです。

DMを利用した営業活動というのは正攻法では無いのかもしれません。

私もミスチルにこの手段でライブ勧誘をして欲しいとは思わない。

 

でも、もう少し別の見方で考えてみると、どうでしょうか。

そもそもなぜこのような集客方法を利用するのか。

 

公に宣伝して客が集まるのであればそうすると思います。

いちいち個別に連絡するなんて面倒な作業ですから。

DMで勧誘しなければならないのは、そこまでの集客力が無いから。

簡単に言えば、人気のある芸能人では無い。

 

人気が無いのであれば、色んな手法を取る必要があると思います。

本意でなくとも王道でなくとも、

やらなければいけない状況なら仕方ないのかもしれません。

 

もっと音と歌で勝負したいのであれば、

こんな手法を取らなくて済むくらい大きなアーティストになるべきだと思います。

 

そのくらいのアーティストになれば、

人気の無いアーティストがどのような手法で活動してても全く気にならないのではないでしょうか。

周りにはもっとすごいアーティストが沢山いるのですから。

集客は簡単なことではない

 沢山の観客を集めてライブを行うというのは簡単なことではありませんよね。

だからこそ、貴重な今を大切に、

息の長いアーティストになれるよう頑張っていって欲しいと思います。