わたしの大好きなミスチルを紹介します

ファン歴10年超のミスチルファンがミスチルの曲や音楽業界についてレビュー、考察するブログです

Thanksgiving25、ミスチルの終わりなき旅

Mr.Children DOME&STADIUMツアーThanksgiving25を観ました。

 

 全部を振り返ってしまうとネタバレになってしまうし、

是非購入して観て欲しいという気持ちがあるので、

部分部分を切り取って感想を書いていきたいと思います。

 

まず、このDVDを観て思ったのは、今回のツアーにはツアーの象徴となる曲、ミスチルが伝えたいメッセージとして、

「君がいた夏」「ヒカリノアトリエ」「GIFT」「1999年、夏、沖縄」「himawari」「終わりなき旅」が選ばれているのではないかということです。

オープニングでの「君がいた夏」と「ヒカリノアトリエ」

DVDをつけるとチャプター画面で流れるのは「君がいた夏」

その後映像が始まり、ファンファーレとして「ヒカリノアトリエ」が流れます。

 

「君がいた夏」はデビュー曲に相当する曲。

(デビュー曲は「Everything」というアルバム。「君がいた夏」は1stシングルという括りになっているので「相当する曲」)

docomoのCMソングにも使われましたね。

 

普段はあまり使われない曲なのですが、

ツアーでもdocomoでも「25周年」ということで使用されました。

 

わたしは正直、25周年って、そんなに区切りでもないんじゃないかと思っていたんです。

20周年とか30周年ならわかりますけど、25周年って少し中途半端な気がして。

どちらかというと商法的な感じで祝ってるんじゃないかっていう、穿った見方を。

 

でも、そんなわけないんですよね。

だって、ミスチルにとって20周年、25周年と月日を重ねて活動を続けていくことって簡単なことではないのですから。

「ここまで続けてこれたんだ」という強い想いがあっての25周年なんですから。

 

だからこそ25年前の「君がいた夏」そして最新ツアーのタイトル曲でもある「ヒカリノアトリエ」に繋がっていくのではないかと。

 

わたしはヒカリノアトリエがあんまり好きではない

 

以前の記事で詳細は書いてあるのですが、

 

www.mrchildren10love.com

 

わたしはヒカリノアトリエがあんまり好きじゃないんです。

だからシングルも買っていないし、前回のツアーDVDも買っていません。

でも、今回のDVDで観たヒカリノアトリエ、すごく良かったです。

 

みんなに伝えたいといって、会場のセンターサークルに集まって演奏してしてくれたんですが、

ファンのことを想う4人の気持ちが曲に乗っていたように思いました。

優しくて温かいメロディだった。

 

たまにあるんですよね。

ライブに行くことで、その曲の本質が伝わってくるというか。

だからライブに行く意味を感じるというか。

ツアーにリンクしている「GIFT」

GIFTはタイトルも歌詞もそうですが、

「Thanksgiving」のメッセージに1番近い曲です。

なので桜井さんも「必ず外すことの出来ない曲」として紹介していました。

ファンへの感謝としてこの曲を選んだということに、とても感慨深い気持ちになりました。

 

大事な曲「1999年、夏、沖縄」

このDVDが発売される前の記事で、

「1999年、夏、沖縄」は思い入れのある曲なのではないかということを書いたのですが、

 

www.mrchildren10love.com

 

 

桜井さんも「自由、平和、家族という大事なことを歌っている曲」と紹介してくれました。

この曲って他のミスチル曲と比べても特にメッセージ性が強い曲だと思うんですが、

だからこそ、大事な区切りである25周年に相応しい曲なのかなと思いました。

 

念願のhimawariが聴けた

わたしがこのDVDを買った目的が「himawariが収録されているから」でしたので、聴けて感無量でした。

 

桜井さんの、

 

この曲でコテンパンにみんなをやっつけたい

 

っていう言葉に痺れました。

CDで聴いてた音楽がライブという場で蘇ってきて、すごく良かった。

わたしはコテンパンだったよ、桜井さん!

 

わたしたち、ミスチルにとっての終わりなき旅

この曲を最後に持ってきたこと。

そして、「お互い終わらない」というメッセージ。

あー、ミスチルってまだ続くんだまだ続けてくれるんだって。

 

MCでずっとついてきてくれたファンに感謝の気持ちや、

この時間を大切にしたいという想いを伝えてくれて。

 

幸せですよ、ファンにしたら。

なんか、もう、わたしはそんな芸能人に夢見たいわけじゃないけど。

ミスチルにそんな色々求めたいわけじゃないけど。

 

でも、ファンのことを想って言ってもらえるのってやっぱり嬉しいんです。

感動してしまった。

 

25周年という節目に素晴らしい、素敵なライブでした。

おまけ

・JEN、やっぱり「思春期の夏」歌うんだ(笑)いい曲だけど(笑)

・fanfareとエソラのパワフルな盛り上がり。カラーテープすごい。ド派手なステージ。

・innocent worldに力強さを感じた

 

25周年という重みを感じたツアー

「君がいた夏」「ヒカリノアトリエ」「GIFT」「1999年、夏、沖縄」「himawari」「終わりなき旅」

メッセージ性の強い曲と同時に、25周年に対するミスチルの熱い想いを感じました。

 

30周年が楽しみですね。