わたしの大好きなミスチルを紹介します

ファン歴10年超のミスチルファンがミスチルの曲や音楽業界についてレビュー、考察するブログです

himawariはミスチルファンを呼び戻す曲

himawari       Mr.Children

 

 

 実はわたし、ミスチルへの気持ちが冷めていました。

さすがに10年以上もミスチルファンをやっていると「四六時中あなたに夢中なの!大好きなの!」というわけではないんですよね(笑)

いや勿論ミスチルは好きですけど、熱は落ち着いてくるんです。

10年ってカップルや夫婦ならもう倦怠期を迎えてもおかしくないですからね。

 

ただ、わたしは10年という年月以外にも、

気持ちが冷めてしまった明確な理由があったんです。

 

なぜミスチルから心が離れてしまったのか

 

わたしは単純にヒカリノアトリエが好みではありませんでした。

いや、ヒカリノアトリエが悪い曲ってわけではないんですよ。

ただ、わたしの求めているミスチルではなかった。

 

 

ミスチルといえばポップソングのイメージが強い。

でも、ロックで尖った曲もある。

そういう「かっこいいミスチル」をもっと見たいという、

わたしの中で漠然とした願望がありました。

 

 

「深海」を期待してしまうファン心

 

インタビューとか見ていると、深海は桜井さんにとっては黒歴史なのかもしれないなと思います。

死ぬほど辛かった時期でしょうし…

でも、わたしは深海が大好きです。

今までのミスチルの世界観をぶっ壊した問題作であると同時に、

唯一無二の名盤だと思ってます。

 

だからこそまた深海を見たくて、

「暗くてかっこいいミスチル」を求めてしまうんです。

 

深海ではないけれど・・・暗くてかっこいいミスチル

 

himawariは深海とは違うと思います。

でもとても暗い。

かっこいいバンドサウンドです。

思い描いていた「暗くてかっこいいミスチル」でした。

 

 とにかくギターがかっこいいんですよね。

このMVの出だしのギターも良いんですけど、

イントロで静かに鳴らしているのも良いんですよ。

 

そして、桜井さんの強く逞しい歌声。

痺れます。

 

 

諦めること

妥協すること

誰かに合わせて生きること

考えている風でいて

実はそんなに深く考えていやしないこと

思いを飲み込む美学と

自分を言いくるめて

実際は面倒臭いことから逃げるようにして

邪(よこしま)にただ生きてる

 

ここが本当に好きです。

 

全体的に切ない歌詞なのですが、

この部分は主人公の心情の核心に迫っていると思います。

メロディの盛り上がりど真ん中なので、

より伝えたいというメッセージ性を感じます。

 

himawariにありがとうと言いたい

 

himawariはミスチルへの気持ちを呼び戻してくれました。

とにかく、かっこよかった。

 

最近のミスチルはちょっとイマイチだなという方、

ミスチル聴いてないなーという方にもおすすめできる1曲です。

Mr.Children 1992-2002 Thanksgiving 25

Mr.Children 2003-2015 Thanksgiving 25